「2015年02月」の記事一覧

ホテル大平原 小鳥のエサ台

DSC_115311
~~十勝川温泉ホテル大平原~~
この時期に現れる小鳥さんにエサ台を設置。
人がいると警戒してなかなか寄ってきませんが、窓越しにじっとみていると自然と集まってきます。
家族連れ、海外からのインバウンド客も、思わず微笑んでいました!

初の鳥取県。皆生(かいけ)温泉。

DSC_101711
お恥ずかしながら、人生で初の鳥取県へ。
皆生温泉のとある温泉旅館様のオーナー様と打ち合わせ。
ここで、新たなミッションがスタートします。
スタッフ一同、精一杯頑張りますので、ご期待ください。

津軽海峡より北海道を望む

DSC_100811
本州最北の津軽半島龍飛崎より北海道を望む。
津軽海峡を挟んで、本当に近いんですね。
今週は、秋田・岩手・青森のご契約先との打ち合わせを終え、岡山まで移動を完了。
来週も頑張りましょう!

十和田湖冬物語2015に行って来ました

DSC_091911
今日のお仕事は、ホテル十和田荘様。
東北最大の冬のイベント「十和田湖冬物語2015」に今年初めて行ってきました。
青森県内はもちろん、東北他県のナンバーも多数あり、その人気度・認知度の高さにビックリ!
やはり、家族連れ、カップルが多いですね。
冬の青森県の一大イベントとして、もっともっと盛り上がればいいな~~!

新作お料理の試作&試食

DSC_086811
秋田県男鹿温泉セイコーグランドホテル様。
ある客層の集客を倍増させるため、現地スタッフとご夕食の試作と試食。
味・ボリューム・サービスのご提供方法を検討。
ボリューム感アップは、今後若干の検討が必要でしょうか?
お料理内容は、まだ公開出来ないのが残念ですが、近日中にネット商品でアップします。
絶対に満足いただけるお料理と価格となるはずです!

温泉旅館の売りとは・・?

DSC_084511
この仕事をはじめて、まもなく10年が過ぎようとしています。
起業前は、札幌市内中心部のシティホテルで、しかも宿泊部門。
単純に言うと客室を販売して利益を得る、いわゆる部屋売りです。
このような仕事をはじめてみて、温泉旅館などの「1泊2食販売」が主体である構造の業態には、戸惑いばかりでした。
しかし、現在は、ご契約先の8割が温泉旅館様となり、大変嬉しく思っております。
温泉旅館の財産は、「温泉」「食事」「サービス」ですが、これだけでは、集客効果にはつながりませんね。
試行錯誤しながら、これからも売上貢献ができるサービス、付加価値をご提供して参ります。
今月も数か所で、プレゼンです。
この旅館は、どうすれば売れるのか?現状何が出来ていないのか?
今日も悩んでいます!

札幌雪祭りが始まりました

DSC_084211
いよいよ本日5日から札幌雪祭りが始まりました。
出張帰りで、そのままメイン会場の大通公園へ数年ぶりの見学。
初日は、お天気もよく、相変わらず大変な混雑で、会場内は身動き取れない状況です。
写真は、今年の大雪像「STAR WARS」!!

雪祭りになると毎年思い出す・・嫌な思い出・・
前職のホテルは、大通公園のメイン会場のすぐ目の前にあり、ロビーは常に混雑。
客室内からも大雪像を見下ろす事ができる人気のホテル。
当時は、予約のルームコンロトールという仕事をしており、期間中は満室にしようと、頑張りすぎて、常に予約超過に陥り、常に満室+オーバーブッキング。
当然、お客様・旅行会社に事情を説明し、横目でジロリ!と睨まれながら、他のホテルへご案内・・本当にご迷惑をお掛けしました。
いまは、怖くてそんな事出来ませんが・・。

福島県岳温泉です

DSC_080311
本日は、福島県岳温泉に行って来ました。
安達太良山の中腹、標高600Ⅿにある温泉地です。
お話を聞いておりますと、東日本大震災以降もご宿泊者の集客は、依然として厳しい状況のようです!
弊社として何が出来るのか、ご宿泊施設様の少しでもお役に立てるように、試行錯誤いたします。

道後湯の宿さち家様「楽天トラベルアワード2014」受賞!

sachiya rakuten11
本日発表されました、楽天トラベルアワード2014にて、弊社にてWEB業務をサポートしている、「道後湯の宿さち家」様が、四国エリア リトルスター賞を受賞致しました。
日頃のホスピタリティの高いサービスが、お客様から評価をいただいたものと思っております。
全8室のこじんまりした旅館ですが、大変素晴らしい趣きです。
道後温泉へお出かけの際は、是非ご予約ください。

海外インバウンド客の熱気が凄いですね

DSC_079511
2月1日の北海道新聞朝刊記事です。
札幌市内を中心に、道内のいたるところに海外客が目立ちますね。
当社目の前のホテルも海外のお客様が、雪遊びをして、キャーキャー言ってます。
市内ホテルも2月は、例年にない好調な予約状況のようで、完全にインバインド効果です。
もしかして、永遠の課題である、閑散期が無くなる?
いつまでもこのような状況が続けばいいですね!